[トップページ] [青輝園案内] [通信販売] [教室紹介] [地図・交通]


 当園コロナウィルス感染防止の取り組みについて・・
当園では施設の消毒、室内の換気(ほぼ外と同じ状態)、等々できる限りの対策を取っております。皆様、ご来園の際はマスクの着用、手の消毒等ご協力をお願いします。
詳しくは右の写真をクイックしてください。→
 
現在の開花状況を随時お知らせいたします
開花情報(2021年3月3)
17Google写真集・360°ビュー
老人福祉施設・障害者割引についてお知らせ。
3/2、全体で散り始め。
園内には老木盆栽を多数展示中。
ただ今、盆栽ほか 、好評販売中!!
旅行社様はお問い合わせ下さい。

ただ今・御座敷梅林五葉松・老梅等・老木盆栽、古民家、が見所です
車椅子利用可能な多目的トイレ有ります。
参考資料[2020]開花情報[2019開花情報][2018開花情報][2017開花情報][2016開花情報][2015開花情報][2014開花情報][2013年開花情報][2012年開花情報] [2011年開花情報][2010年開花情報] [2009年開花情報] [2008年開花情報] [2007年開花情報] [2006年開花情報] [2004年開花情報]
春のアルバム 

一月の開花状況
1/31御座敷ほか全体で咲き始めです。コロナの影響で開催が遅れています。2月上旬には開催できると思います。皆様、お出かけください。
二月の開花状況
2/7コロナ対策の為、開園を遅れらせて来ましたが【安全対策万全】をして2月7日に開園しました。2/17この所の暖かさで全体で満開、最高の見頃です皆様お早めにお出かけください。
2/26御座敷は全面的な入れ替えをしました。蕾もある満開!!最高の見頃です。また、入り口の「三月紅」受付横の「紅千鳥」が最高の見頃です。3/12/25御座敷は全面的入れ替えをしました。お座敷は満開!!見頃です。皆様、一日も早くご来園ください。
三月の開花状況
3/1只今お座敷は満開!!見頃です。皆様、一日も早くご来園ください。
3/3全体で散り始め、御座敷展示はもうすぐ終了します。

以後、最新情報をご参照ください。
3月3日現在 開催中
来園下さい。


新パンフレットは写真をクィック↑
御座敷梅林 梅情報
老木盆梅展示館一階・「満開過ぎ 」
二階部分・資料館「展示中」
園内大しだれ梅「展示中 」
大型盆梅展示館−「満開過ぎ」
夫婦梅−「展示中」
古代紅鶯宿−「満開過ぎ 」
園内の梅-「満開過ぎ」

満月蝋梅・ 終わり
大黄河蝋梅・終わり
園内ー老木盆栽展示中
今年の室内展示期間
2月上旬〜3月上旬(予定)

開園時間
AM9:30〜PM5:00(原則的に)
2020年の開花予想 
全体で?分咲きの表現について・・・梅の花は極早咲、早咲、中咲き、遅咲、極遅咲等が有りますこれらが全部一度に咲くことは無く、「只今、全体で」と言う表現はかなり咲いている木も有れば、蕾の木も有ると言うことです。全体を見回しての大体の割合です。今後の開花情報にご注意下さい。以後、順次更新予定
開花状況の目安「全体で 
2021年の開花予想 2022開花予想

1月下旬  1分-2分
     1-2分
2月上旬 3-5       3-5分
2月中旬 6-満開見頃 6-満開
2月下旬 満開見頃     満開
3月上旬 満開見頃     満開
3月中旬 満開過ぎ   満開過ぎ
3月下旬
 室内展示終了予定。
 
今後の開花予想を随時ご参考に。
3月上旬迄は順次入れ替えを行います。
団体様の来園受付は随時受付けております。
ご連絡ください。
E-mailinfo@seikien.com
重要なご用件は必ずTELまたはFAXで
中国


一番いい時? 「一番いい時を教えて下さい」の質問について
最近、一番いい時を教えて下さいとの電話が多くかかってきます、梅の見頃は
3分咲きから満開まで見頃になります。3分咲きが好きな方もいれば、満開が
好きな方もいるようです。私たちがお勧めするのは3分〜満開、全体で蕾がまだある
時期をお勧めします。花に力があり艶のある花が楽しめます。
催し イベント情報
二階から見る「大しだれ」「大型の松」は最高です。是非、お上がりください。開催中
当園では二階のスペースを利用して趣味、愛好会などの展示・発表の場としています。ご利用ご希望の方はお問い合わせください。
  展示ご希望の方はお問い合わせください。
催し
お雛様展..大正時代のお雛様を展示しています。 2階展示場

古民家ギャラリー、現代画壇の巨匠・・田崎廣助、坂本繁二郎、岡鹿之助等の油絵や版画を特別展示。代々伝わる書も特別展示「一階部分・二階部分」

 その他・・・青輝園の古い歴史資料展示、
休憩所、売店、等。
トピックス
タイの副首相盆栽を観賞

来日中のタイのスパチャイ・パニッチパック副首相兼商務相が29日、松や梅の盆栽を展示した山川町の「青輝園」(田中克治代表)を訪れた。
スパチャイ副首相は、東京都や福岡市で企業関係者らと会談するため、25−30日の日程で来日。盆栽に強い関心を持っており訪問した。
田中代表らは、約6600平方メートルの敷地に並ぶ約1500点の盆栽の名称、手入れの仕方を説明。副首相は「タイにも盆栽はあるが、日本の方が枝ぶりが良く見事だ」と、水のやり方などを熱心に質問していた。
園内を観賞後、「日本の伝統芸術をより深く理解してもらいたい」と、五葉松と盆栽の本をプレゼントされ、感激した様子だった。

(読売新聞 98/08/31 より抜粋)